別れのじかん

死のおそれから 心をそっと抱きしめるブログ



「もうがんばらなくていいんだよ」 :: 2019/12/25(Wed)



20191225_01.jpg





-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-


*初めての方はまずこちらをお読みください*

はじめまして


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-






どうか


どうか


少しでも


1秒でも長く


ぽてと一緒に
いられますように・・・・


そう願っていたけれど。


その願いはいつしか
まるで違うものへと
変わっていました。




「少しでも長く
そばにいてほしい」


そんな「私の」望みよりも。


もっともっと
大切にしたいものに
気づけたから。




それは


ぽてを守りたい気持ちでした^^





20191225_02.jpg

↑近所の大銀杏。今年も立派に色付いて楽しませてくれました♪






はじめの頃の


「私が」悲しみたくないから、
どうか死なないで。。。。


という思いは、



「私は悲しくてもいいから


「ぽてが」苦しくないように
好きな時に逝くんだよ」


という思いに
すっかり変わったのです。




たとえ


一緒にいられる時間が
短くなっても


それでもいい


ぽての体が
少しでも早く
苦痛から解放されるのなら


悲しくってもいい


寂しくったっていい



だから



私たちのことはいいから


気にしなくていいから


心配しなくて大丈夫だから



ぽてが好きなように
していいからね


苦しいのは
もう我慢しなくていいんだよ



と、


にこにこしながら
何度も何度も
伝えたものでした。


まるで
死を祝福すら
しているかのようでしょう?^^


といっても、
いつもこんなに
カッコよさげな時ばかりではなくて、


いやだ!死なないで!
怖い!耐えられない!!と
大騒ぎするときも
たくさんありましたとも(^m^)





だけれども。


色んな気持ちが
入り乱れた終末期に。


本当の意味で(魂の視点で)
ぽての事を守りたいという
気持ちが持てたことで、


ぽてとの別れを
受け入れるのも


そして


見送った後に
立ち直るのも


私たちは
とても早かったのです^^





「私が悲しみたくないから」


から


「ぽてが望むように」



その視点になることで、
自我の感じる苦しさの質は
大いに変化するものなのです^^





20191225_03.jpg

↑少し車を走らせたらこんな景色に出会えます。埼玉ののどかさが大好きです♪






もじゃの時はね、
この境地は
ほんのわずかな期間だったな〜^^


* その時の記事↓

もっともっと目の前にあるものを愛おしめばよかったな





でも。


もじゃの時に
体験していたおかげで(^^)b




ぽての時はうんと早くに
この境地に至れたのと


思っていた以上に
ぽてに体力があったことと


ぽての意思が
そうしたかったのとが合わさって、


悪い病状でありながらも
とても長くいてくれて


やさしくて
愛しい愛しい濃密な時間を
たっぷり過ごすことができました^^







〜 続きはこちら 〜

死別の悲しみにも幸せの証をみつけるよ




* 関連の記事です。ぜひ読んでみてね!


死を願う気持ちのほんとうの意味

旅立つ人からの贈り物

見送る人からの贈り物


--



〜 ランチ会のお知らせ 〜



魂とつながるセッション付きのランチ会を
1月2月に開催しますよー♪

ランチ会の詳細はこちら



--



〜 mifoccoからのお願いです(*^^*) 〜


↓ 応援クリックしてもらえたらうれしいです♪



↓ こちらもよろしくねー!



いつも応援ありがとう♡


--


〜 mifoccoの本家ブログはこちら 〜


こころとからだが
ふうわりゆるむ癒しのブログです。

やさしい なみだ


--



〜 mifoccoのセッションはいかがですか? 〜


死別も、困難も、
魂の視点で見たら
全く異なって見えてきます。

mifoccoのセッションで
物事の真実に触れて
肩の荷を降ろしてみませんか?^^

セッションへの想いはこちら

セッションメニューはこちら



-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-



<< 前の記事 | 次の記事 >>




テーマ:スピリチュアルカウンセリング - ジャンル:心と身体

  1. 死を願う気持ち
  2. | trackback:0

トラックバック

トラックバック URL
http://wakarenojikan.blog.fc2.com/tb.php/55-5566d05e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)