別れのじかん

死のおそれから 心をそっと抱きしめるブログ



強制給餌、やってよかった! :: 2019/05/12(Sun)


pet reien_20190505




-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-


*初めての方はまずこちらをお読みください*

はじめまして


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-





「強制給餌、やってよかった!」


まさかこんな言葉を
言える日が来るなんて、
思ってもみませんでした^^



----

ぽて(もじゃの先輩猫)の闘病記を読んでない方は
まずこちらからどうぞ

その1:ぽてさんに元気玉を

その2:ぽてさんに奇跡が起きてます☆彡

その3:動物のバイタルフォースの神秘

その4:ぽてさんの検査結果

その5:さらに甘えて可愛く生きるのだ♪

----




突然ぽてさんが
瀕死の状態になって、
獣医師から強制給餌を勧められた時、


もじゃに苦しい思いをさせてしまった
あの頃の胸の痛みが
強烈によみがえりました><


もじゃを見送った後
私たちは


「命にすがって
もう強制給餌はしない」


と心に誓っていたのです。


----

そのエピソードはこちら

延命する?しない?

もっともっと目の前にあるものを愛おしめばよかったな

----




先生に、


「延命のための強制給餌は
もうしたくありません。
強制給餌をやらない選択肢は
ありますか?」


と聞くと、
先生ははっきりと
答えてくれました。


「もじゃさんは延命だったけど、
ぽてさんは治療です。
治る可能性があるから
強制給餌はやるべきです」と。





その夜。


頭ももたげられないほど衰弱して
意識も朦朧としているぽてに
意を決して強制給餌をしました。


エサをシリンジで口に流し込む方法と、
口を開いて指で押し込む方法と、
エサを数種類、

それから、
汚れてもいいように床にシートを敷き
蒸しタオルなどを色々準備して、


ぽてをタオルで包んで保定して
手で体を支えながら
強制給餌をスタートしました。


すると、
すぐにあることに気がついたのです。



あれ・・・?


私、強制給餌
めちゃくちゃ上手だよ?!!


看護師さん並みに手際いいし
上手に食べさせる事ができてる!


(ぽても上手に食べてくれてる!!)




これって・・


これって・・・・・・・


もじゃにやってたからだぁああああ!(;∀;)


あの経験が
めっちゃ!生きてるーーーー!!!!\(^o^)/




もじゃの時は罪悪感しかなくて
胸が張り裂けそうに苦しくて
泣きながらの強制給餌だったのに。


「もじゃに強制給餌、やっててよかった!!」


なんてよろこんでいるのです^^


「ごめんなさい!」
という思いしかなかった記憶が、
大きな感謝に変わった瞬間でした^^




過去に、
自分を責めずには
いられないような事があったとしても。


いつかきっとこんな風にして
解き放ってくれる出来事が訪れるんだなあ^^


それも思いがけない形で。


そんな確信に
胸がいっぱいになりました^^




そして
やさしいやさしい声が
自分の中に響き渡りました。


「あの時のあの行いは

あの時の自分の
最善だったよね

あの時の自分の
精一杯だったよね

それってとっても
素敵な事じゃない?

あの時の自分も
ほんと素晴らしかったよ

心から誇りに思うよ^^」





あなたが今、
過去の過ちを
悔やんでいるとしたら。


「あの時の自分も
自分なりの最善を尽くして
立派だったなあ」


と、
いつか必ず
やさしい思い出に
書き換わる瞬間が訪れます(^^)b




そして。


私たちがいつの日か
この世を去る時には、


自分の生きてきた
どの瞬間もが
輝いて見える事でしょう。


たくさんの体験と
様々な感情を味わい尽くして


ああ、なんて美しくて
尊い日々だったのだろうと^^





--


〜こちらも合わせて読んでほしいな♪〜

最期の頃のもじゃと
強制給餌中の可愛くてちょっと切ないやりとり

ごめんね、上手にできなくて

--



〜 mifoccoからのお願いです(*^^*) 〜


↓ 応援クリックしてもらえたらうれしいな♪



↓ こちらもよろしくねー!



いつも応援してくれてありがとう♡
更新がんばるね!^^


--


〜 mifoccoの本家ブログはこちら 〜


こころとからだが
ふうわりゆるむ癒しのブログです。

やさしい なみだ


--



〜 mifoccoのセッションはいかがですか? 〜


死別も、困難も、
魂の視点で見たら
全く異なって見えてきます。

mifoccoのセッションで
物事の真実に触れて
肩の荷を降ろしてみませんか?^^

セッションへの想いはこちら

セッションメニューはこちら



-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-



<< 前の記事 | 次の記事 >>




テーマ:スピリチュアルカウンセリング - ジャンル:心と身体

  1. 罪悪感
  2. | trackback:0

トラックバック

トラックバック URL
http://wakarenojikan.blog.fc2.com/tb.php/52-dea046d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)