別れのじかん

死のおそれから 心をそっと抱きしめるブログ



この世を去るときの気持ち :: 2018/10/19(Fri)

20181018.jpg




-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-


*初めての方はまずこちらをお読みください*

はじめまして


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-





もし


私が今


この世を
去ることになったら




きっとこんな気持ちに
なることだろう



「ああ!
楽しかったなあ


よく遊んだー


よく生きたー


よくがんばったーー」



と、


胸いっぱいの
よろこびとともに
にこにこと
旅立つのだと思う





いちばんの感慨は


人に恵まれたこと


人をたくさん愛したこと


人からたくさん愛してもらったこと^^





それから


いちばんの思い出として
浮かぶのは


母が事故で
この世を去ったことと


ほどなくして
もじゃを必死に
介護して
見送った


苦しくてたまらなかった
あの日々だと思う





あの日々を
私はきっとこんな風に
振り返るのだ



「ああ、あの頃は
ほんとよくがんばったなあ


なんて素晴らしい
思い出なのだろう


かけがえのない
体験だったな


ほんとにほんとに
ありがたいな」



と。。。。





そう考えると


先に天国に
帰っていった人たちも


みんな同じなんだろうな^^





母の大変だった人生は



「どうしてこんな
苦労ばかりの人生だったのか…」



などでは決してなくて



「波乱万丈なわが人生!
めちゃくちゃ楽しかった!
あっぱれ私!!」



だったはず^^





たとえば
病気で苦しい思いをして
亡くなった人は



「はああ〜よくがんばった〜


私えらーい!


みんなもえらーい!


素晴らしい思い出を
ありがとう!!」



と思うことだろう^^





だから


無念なのでは?
なんて心配は
いらないのだ^^





この世で過ごした
時間のすべてが
宝石のように映り


とくに
しんどかった日々は
ひときわ輝いて
見えることだろう





残された私たちが
「かわいそう目線」で見るのは
へんてこりんな話なのだ



「素晴らしい人生だった!」



と思っている人に



「なんて気の毒な・・・・」



っていっているようなものだもの^^



気の毒がるのは
自分が自分を
責めたいからなだけ





だから
本当に故人を想うのなら


「面白い人生だったって
思ってるんだろうな^^」


とほほえんであげることだと思う





そうやって
よろこんであげてから



「よかった


でも会いたいよ」



って伝えたい^^









〜 ぜひ合わせてお読みください 〜



*母の波乱万丈エピソード

もう一度、お母さんのもとへ


*苦労したのに、大変明るい母でした^^

愉快な魂



----


〜 mifoccoからのお願いです(*^^*) 〜


↓ 応援クリックしてもらえたらうれしいな♪



↓ こちらもよろしくねー!



いつも応援してくれてありがとう♡
更新がんばるざます!^^


--


〜 mifoccoの本家ブログはこちら 〜


こころとからだが
ふうわりゆるむ癒しのブログです。

やさしい なみだ


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-



<< 前の記事 | 次の記事 >>




テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 別れの心得
  2. | trackback:0

トラックバック

トラックバック URL
http://wakarenojikan.blog.fc2.com/tb.php/44-50405092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)