別れのじかん

死のおそれから 心をそっと抱きしめるブログ



痛くないかな?苦しくないかな? :: 2018/05/09(Wed)

[frame09233251]c0146251_2055757
Photo by hiyoko



-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-


*初めての方はまずこちらをお読みください*

はじめまして


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-





大切な存在を見送る時、
一番気になることは


痛くないだろうか?
苦しくないだろうか?


ということでしょう。





亡くなった方に
それを問うと。


ほとんどが
こう答えてくれるのです。


「まあね〜、痛いは痛かったよ。
でも大丈夫なもんなんだよねー♪」


って。


その様子の
なんとも軽やかなこと!^^





肉体を脱ぎ捨てる時に、
苦痛や恐怖を感じないようにしてくれるのが
守護霊の仕事のひとつです。


だから、
肉体的には
苦痛を感じている一方で。


もうひとつの視点が
たいへんクリアになって、
心はとても穏やかで、
恍惚とその様子を
眺めているのだそうです。




最期の残りわずかなひとときを
俯瞰しながら。


周りの人たちに
こんなにも心を寄せてもらって

「ああ、素晴らしい人生だったな〜」

と、歓喜に満ちて
しみじみ愛でているそう。


苦痛も恐怖もまるでない
至福の世界で^^







生きている私たちが
怖いと思うのは。


死ぬということは、、、

死ぬくらいだから
最高に痛いに違いない!

それってどれほど痛いんだろう?!
ひぇええーーーーー((((;゚Д゚)))))))


って想像して
怯えているのだと思うのです。


--

関連記事
死が怖くて怖くてたまらない

--




でもね、
ほんとに大丈夫なんですって^^


それよりはるかに
感動の方が大きいから、って♪




魂たちが
面白おかしく教えてくれる事で、
私がすごく気に入っているのが
「お産と一緒よ!」
って名言がありまして(^^)b


「お産の時、痛すぎて
死んだ方がマシーーーーっっ!って苦しんだのに。
産んだ直後に、また産みたい!って思う
あれと一緒よ♪」

と。笑


まあ、
出産経験のない私にしてみれば
出産の想像だけで
卒倒しそうですが。笑


経験者は
それを聞くと、


ぷっ!と笑って

「なるほどね、なら良かった」って、

心配をひとつ手放して
涙が笑顔に変わるのです^^


私たちは今世
まだ死んだことがないから、笑
怖いイメージしかできないけど。


今世を卒業した
先輩たちの言葉から、
安心をもらうことができるものですね^^





大切な人を見送って。


今懸命に
生きているあなたへ。


死は、
私たちが考えるような
苦痛なことではないのです。


いくらか気持ちが
和らぎました?^^




人生というドラマを終えて
故郷への帰路につく。


その瞬間は
感謝と感動に満ちています。


痛い体も
怖い思いも
魂のトラウマとならないように、
ちゃんと守られていて。


みんなの愛を
ダイレクトに感じ、
素直に受け取れるほど
澄んだ素の自分に戻って、
この上ない安らぎに包まれて
旅立てるのです。


だから
魂たちはみんな
決まってこういうのです。


「痛くても、それ以上の喜びがあるから
また人間やりたくなるんだよな〜♪」って^^





たしかに。


死が、
ただただただただ苦痛でしかなかったら、
人はもう怖ろしくて
生まれ変わらないことでしょう。




私たちは、
そんな苦痛よりも
はるかに素晴らしい
体験と感動とがあるからこそ。


こうやって
何度も何度も
生まれ変わってきているわけです。


「死までをも含めて
人生の全てが体験したいこと」


いつか私たちも
それが分かるときがやってくるから。


それまで
「安心して今を楽しむ」ことを
大切にしたいものですね。







----


〜 今日も来てくれてありがとう(*^^*) 〜


↓ 応援クリックしてもらえたらうれしいな♪



↓ こちらもよろしくー!



ありがとう!また書くね!!

----


〜 mifoccoの本家ブログはこちら 〜


こころとからだが
ふうわりゆるむ癒しのブログです。

やさしい なみだ


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-



<< 前の記事 | 次の記事 >>


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 天国からのメッセージ
  2. | trackback:0

トラックバック

トラックバック URL
http://wakarenojikan.blog.fc2.com/tb.php/34-84f10f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)