別れのじかん

死のおそれから 心をそっと抱きしめるブログ



本人は、延命を望んでいるのだろうか? :: 2018/04/12(Thu)

[frame11185255]c0146251_9383194
Photo by hiyoko


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-


*初めての方はまずこちらをお読みください*

はじめまして


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-


延命を考えるシリーズの続きです♪

・第1話はこちら
延命する?しない?

・第2話はこちら
延命は、選んでも選ばなくても悩むもの^^


--




延命について、

本人の魂は
あなたの決断をどう思っているか?

について書きまーす♪





延命を選んだ場合も、
反対に選ばなかった場合も。


あなたの選んだことに対して
相手の魂はこう思っています。


「その選択でいいよ」

「その選択でまちがってないよ」

って♪(^^)b



たくさん考えてくれたこと、
そんな風に感じて
そう決断してくれたことが、

愛だなあ
うれしいなあ
ありがたいなあ

そんな思いでいっぱいなのです^^





延命って
短時間で決断を迫られるのが
ほとんどだから。


当然だれもが
自信ないまま
迷ったまま
その答えを選びます。



そして、選んだ後も
ずっと葛藤しつづけるんですよね^^



「延命してほしくないっていってたのに、
延命を選んでしまって
いやがってるだろうなあ」とか


「○○歳まで生きたいっていってたのに、
延命してあげなくて
悲しんでるかなあ」とか


私のもじゃに対する気持ちだと、

「すごくいやがってるのに、
ほんとうはもう死にたいだろうに、
こんな目に合わされてつらいだろうな…」とか



「これで本当によかったのかな?」
って自分を疑って、
申し訳なさや自責やらで
ぐるぐるずっと気にしているのって
なかなかしんどいんだな、これが!!(;д;)





でもね、実は、
「自分が出した答え」は
「相手の魂の望み」と
一致しているものなんです(^^)b


魂同士エネルギーでつながっているので、
エネルギーの世界で
本人の本心をちゃんと受け取っています。


あなたの決断は
お互いのやり取りがあったからこそ、
魂に導かれて
その答えを選んでいるのです。


ね!


だから
安心していいよ。


あなたの選択で
まちがってないから。


そこには
相手の同意も
ちゃ〜んとあるから^^





死は、
だれにでも
いつか必ず訪れることで、


痛みや苦しみから解放されて
安らぎの故郷へと帰る
よろこばしいこと。


そう分かってはいても^^


迷わず決められるような
簡単な問題ではありません。


その状況も
大変受け入れがたいものです。


ありとあらゆる感情が入り乱れます。




これを魂目線で見ると。


「魂にはない人間ならではの恐れ」を
頭がフル回転して
体験させてくれている♪となります^^


ということは。


そんな苦しみを、自分の魂は

「おお!こんな感情を体験できて、うれしい♪」

なんてよろこんでるから
頭に来るっちゅうものです!!笑




そして、相手の魂もまた。


ほんとうに困難な問題だからこそ。


それに直面して
奮闘してくれている私たちの姿に、
ひときわ大きな感動を味わっているものです^^


延命や別れの悲しみや葛藤は。


お互いの魂にとって
かけがえのない体験で、
素敵な素敵な愛の物語なのです^^





私たちはみんな
魂であることをすっかり忘れて
今人間をやっているので(^▽^)


いつまでもいつまでも頭の思考が
自分のした選択を
気にしてしまいますよね。


そうやって人間臭く
またクヨクヨ苦しくなってしまった時は。


自分のことを
「こんなにも愛が深い!」と
尊く思ってくださいね。


それから。


「ほんとうによく決断したなあ」
「最善を尽くしたなあ」

って、ねぎらってあげてくださいね。


「これでよかったんだ」って
ほっとできることと思います^^





時間というやさしい薬に
癒してもらいながら


ああ、こんなにも誰かのことを
ずっと大事に思う私って

「めっちゃいいこやん!」

って思ってあげてね♪



もしまた
自分いじめをしてしまったとしても。


最後には、

めっちゃ考えてる!
私って素敵すぎ!

って笑ってね♪^^




そんな時、
ふと魂のよろこびを胸の奥に感じて
安堵とやさしさとで
いっぱいになれるはずだから^^





--

* 延命をしなかったことや
何もできなかったことを悔いてる方に
この記事を贈ります。

宮本顕二・礼子夫妻(1)寝たきり老人がいない欧米、日本とどこが違うのか

私はこの記事を読んで
父や、昔飼っていたペットたちへの
罪悪感が和らぎました♪

----


〜 今日も来てくれてありがとう(*^^*) 〜


↓ 応援クリックしてもらえたらうれしいな♪



↓ こちらもよろしくー!



ありがとう!また書くね!!

----


〜 mifoccoの本家ブログはこちら 〜


こころとからだが
ふうわりゆるむ癒しのブログです。

やさしい なみだ


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-



<< 前の記事 | 次の記事 >>




テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 延命を考える
  2. | trackback:0

トラックバック

トラックバック URL
http://wakarenojikan.blog.fc2.com/tb.php/32-84406ab9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)