別れのじかん

死のおそれから 心をそっと抱きしめるブログ



天国の愛する人をもっともっとよろこばせたい :: 2017/12/01(Fri)

[frame30235907]c0146251_13444883
Photo by hiyoko



-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-


*初めての方はまずこちらをお読みください*

はじめまして


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-





つい先日、
もじゃの段ボール箱を片付けました♪


やっと!!だよ(^m^)

 
↓この時は、さんざん無理!って言ってたのにねー。笑

遺品の整理への思い





でもねでもね、一個だけ残しました。


もじゃが息を引き取った時に入っていた箱は
まだ大事に取っておくつもりです^^


もはや家宝です!笑





「いいかげん片付けなきゃ…」って思ってたわけでも
「よし!片付けるぞ!」と
気合いを入れたわけでもないんだけど。


なんというか、とても自然に
「もういいかな」って思えたんですよね^^


その日、可愛らしいエピソードがあって
それにも背中を押された感じでした♪





最後にもう一度だけ。


箱の底面に残ったシミをなでて、
笑顔と涙と鼻水ずっびずびで、笑
段ボールをたたみました。




このシミは、
もじゃのがんばった証なのです^^


脱水がひどくて排便ができなかったため、
毎晩補水をかねて
生理食塩水の浣腸をしていました。


その時に、すべりを良くするために
オリーブオイルをおしりに塗って、
そのオイルのシミが段ボールに付くのです。


浣腸後はいつも段ボール箱にこもって
休憩しながら、むすくれてたなあ。笑
かわいかったなー♡





ほんのちょっぴり
まだ取っておきたいな…
って気持ちもあったけど。


もしかすると、
のちのち「捨てなきゃ良かった!」って
後悔するかもしれないけど。


最後の切ない思い出よりも、
それまで一緒に過ごした楽しかったあれこれを
代わりに思い出せばいい^^


そう思えたのと。


もし、捨てなきゃ良かった!って思うことがあっても。


自分を責めないで、

「ね。大好きだから、ぜんぶ取っておきたかったね。
でも、もじゃの思い出は他にもたくさんあるからよかったね♡」

って、やさしく慰めてあげればいい♪


だからもう、大丈夫。
これは捨てても、大丈夫。


こんな風に思えたんですよね〜。


不思議な安心感とともに^^





たとえ思い出の品が
なにひとつ残らなかったとしても。


もじゃを心から愛して笑い合った幸せな日々が
確かにたくさんたくさんあって。


そうやって
宝物をいくつも持っていることにスポットを当てると、
その真実に安らぎを感じられるから。


もう未来の不安に備えるのではなく。


「どんな時でも大丈夫って言ってあげるよ」と
自分を応援しつづけることと。


「なんて素敵な思い出!ありがとう!」と
よろこびほほえむことを、
選んでいきたいなと思うのです^^





きっとね。


まだまだくよくよすることもあると思う(^m^)


その時はまた、
葛藤して、励まして、
今のこの境地にたどり着くことだろうから。


自分を信じて
すべてを信じて
安心して手放すことができました。


もじゃの生きた証と共に、

「忘れたくない…」とか
「冷たい飼い主?」とか
「ないと困るかも?」とか

そういった不安な気持ちも
手放しました^^





だいじょうぶ。


私はいつでも
自分を責めない選択ができるから。


いつだって
幸せな視点を選択できるから。





もじゃもきっとうれしいはず^^


「かなしいなもいいけど
うれしいなのほうがたのしいね」って。


私は、天国のもじゃを
もっともっとよろこばせてあげたいのです(*^^*)









〜 ぜひこちらも読んでみてね! 〜

心のブレーキが外れる時





※ランキングの応援クリックに、ご協力をお願いします♪


下の青いバナーを
それぞれクリックしてもらえたらうれしいです♪
更新の励みになります(*^^*)





----



〜 mifoccoの本家ブログはこちら 〜


こころとからだが
ふうわりゆるむ癒しのブログです。

やさしい なみだ


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-



<< 前の記事 | 次の記事 >>



テーマ:スピリチュアルカウンセリング - ジャンル:心と身体

  1. 遺品
  2. | trackback:0

トラックバック

トラックバック URL
http://wakarenojikan.blog.fc2.com/tb.php/22-50da646f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)