別れのじかん

死のおそれから 心をそっと抱きしめるブログ



悲しみはやさしく上書きされていく :: 2017/10/30(Mon)

mojya_20171029.jpg



-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-


*初めての方はまずこちらをお読みください*

はじめまして


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-





リビングのテレビラックの前で
一日に3〜4回
もじゃに強制給餌をしていました。


強制給餌の間、
ぽて(もう一匹の先輩猫)は
じっとおとなしく
私たちを眺めていました。


pote_20171029.jpg



ぽてにとって
この強制給餌の場所は。


私とダーリンに
じっくり構ってもらえる場所として
映っていたのでしょうね。


ぽては、この場所で
なでてもらいたがるようになりました^^





もじゃが亡くなってからは。


この場所で毎晩
ぽてにブラッシングするのが
日課となりました♪


ぽてったら
その時間帯になるとふらりとやってきて
ちゃっかり待機するんですよー^^


お店の開店前から
早々と並んでいる人みたいに。笑


腹時計が正確で笑っちゃいます(^m^)


「ブラシしようか」と声をかけると
目キラキラ体くねくねして
それはそれはうれしそうにするのが
たまらなくかわいいのです!^^





いまだにこの場所は
悲しい思いが
よみがえる場所ではありますが。


ぽてが毎日毎日
ほんとうにうれしそうに
ブラッシングしてもらっている姿を見ているうちに。


悲しさがだいぶ和らいで
感じられるようになってきました^^




ここはずっと。


もじゃを苦しませた場所
もじゃが必死にがんばった場所
ごめんね
つらかったね。。。。


そんな思いが込み上げる場所でした。




けれども今は
ずいぶん変わって。


こんな風に語れるようになりました^^


もじゃががんばった場所だね
えらかったよね
うれしかったよね
ぽてもおりこうさんだったね
ぽてもがんばってえらかったよね

ぽてのおかげでこの場所が
大好きな思い出に変わってきたよ
ありがとね


って^^





きっとこれからも。


流れていく時間と、
新しく紡いでいく思い出とが。


そこに残る痛みを
やさしい思い出に
変えていくのでしょうね。




そんな風に。


ひとつひとつ。


ほんの少しずつ。


痛みがやわらぎ。


いつの日か
やわらかな思い出として
心を満たすようになったときは。


きっとまた
涙があふれることでしょう。




それは、悲しいのではなくて。




共に過ごしたよろこびに満ちた
あたたかな
やさしいやさしい涙なのでしょうね^^









〜 関連の記事をたんまり!笑 ぜひ合わせてお読みください 〜


天国へ届けよう

時空を超えた贈り物

これまでも、これからも、できること

痛みがやさしさに変わる

最期の贈り物

どの瞬間も愛おしい

時間の魔法

旅立つ時も、見送る時も





※ランキングの応援クリックに、ご協力をお願いします♪


下の青いバナーを
それぞれクリックしてもらえたらうれしいです♪
更新の励みになります(*^^*)





----



〜 mifoccoの本家ブログはこちら 〜


こころとからだが
ふうわりゆるむ癒しのブログです。

やさしい なみだ


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-



<< 前の記事 | 次の記事 >>




テーマ:スピリチュアルカウンセリング - ジャンル:心と身体

  1. 癒しの過程
  2. | trackback:0

トラックバック

トラックバック URL
http://wakarenojikan.blog.fc2.com/tb.php/20-78f56637
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)