別れのじかん

死のおそれから 心をそっと抱きしめるブログ



もっともっと目の前にあるものを愛おしめばよかったな :: 2017/12/22(Fri)

[frame22001272]c0146251_1965185
Photo by hiyoko



〜 追記 〜

今回の記事は、
文の途中に「参考記事」を掲載しています。

参考記事の紹介が入ったことで
「文章が終わったと思って、
続きに気がつかない人がいるかも」と
アドバイスをいただきました。

わあ!たしかに、ありうるー!Σ(゚Θ゚)
変化球ごめんなさいー!!

教えてくださったみなさん、ありがとうございます!
色々試行錯誤しているところです^^
今後も何か気がついたことがあったら
気軽に教えてくださいねー♡



-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-


*初めての方はまずこちらをお読みください*

はじめまして


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-





もじゃが亡くなって
半年が過ぎました。


今の気持ちは
ずいぶんシンプルになりました^^




介護中の、
責任の重さや
現状と延命に対する自責
様々な苦悩、不安、無力感、無価値感、、、、


そういった苦しみから
解き放たれた今は。




悲しい、寂しい、会いたい、、、


そんな切なさ、恋しさと。




ああ、ほんと幸せだったなあ


と、胸があったかくなる思いが
ほとんどになりました^^





でも、やっぱり、時々は。


苦しかっただろうなあ…とか
ああすればよかった…とか
なんでもっとこうしなかったのか…とか
罪悪感や痛みを感じることもあります。


そんな時は
胸がぎゅん!!となって
しゅーん…としてしまうものですねえ^^




でも、私は知っています。


これは、
「頭」の思考だってことを(^^)b


頭さんは、
自責スイッチを入れて
自責ネタを探し出すのが
もはや仕事みたいなもの(^m^)


心(魂)の望みとは真逆の所へ
悶々と思考できるダメ出しネタを取りに行くのが
大の得意なのです!笑




自責ループやクヨクヨやネガティブから
早く抜け出すには。


時間を決めて
しっかり「シュ〜〜〜〜ン…」を
味わうのがおすすめです(^^)b


ネガティブな気持ちも
ちゃんと向かい合ってあげると
頭さんも納得するので、
比較的短時間で切り替えることができますよ♪



--

参考記事

ニュートラルな気持ちを取り戻すコツ

--




頭は常に思考しているもの。


どうせ思考するなら、私は
こんな風に回想するのが好きです。


「もじゃも、私も、ダーリンも、ぽても
ほんとみんながんばったよなあ」って^^

(*ぽては、もじゃの先輩猫です)


こうやって偲ぶ時は
心がほかほかするんですもの♪


これだったら頭さんも
ねぎらいのネタを探し始めるので
気持ちもほっこり(^^)b


お互いの魂の計画も
お互いの体験も
すべて尊重できるねぎらいの思考は、
心がとても穏やかになります。


これぞ本心が求めていること^^



--

参考記事

魂の計画をすべて尊重してあげたいんだ

ねぎらいのことば

--




切なくなったり
ほっこり思い出したり
時々しゅーん…としたりと。


いつももじゃのことを
考えているものですね〜(*^^*)




他にも
これらの思いとは別に。


「もっとこうしてればよかったな」という
後悔に似た気持ちになることもあります。


これは、別れた後だからこそ
気がつくものなのかもしれません。




その思いとは。


「その瞬間に「ある」ものを
もっともっと楽しめばよかったな」


ということ。




「もじゃがあったかい
生きてる
うれしい」


「お口くちゃくて体きつくて大変だね
でもありがとう
がんばってくれて」


「もうすぐお別れだけど
今こうして触れ合うことができて
とってもしあわせ」


そういって


目の前にある幸せを


もじゃのぬくもりを


もっともっともっともっと
愛でればよかったな〜^^




「ごめんね」


「つらいね」


「がんばって」


よりも




「もじゃ かわいい」


「もじゃ いいこ」


「もじゃ 大好き」


「もじゃと一緒で楽しい」


って、ただただ
よろこんでいたかった^^




介護中はほんと
それ以外のものばかりを見ていたから。


過去を悔やんで


未来を怯え悲しんで


変わり果てた姿を
過去と比べて不憫に思ったり
自分を責めたり


今ここにある幸せ「以外」のものしか
見ていなかった。。


目の前にある奇跡を
ちゃんと見てなかった。。。。





もじゃの命が
もういよいよ終わりが近づいてきた時。


私はようやく
思い詰めることを
やめることができました。


やっとその頃になって
この瞬間を愛おしもうって思えたのです。


けれど、
そんなしみじみとあったかい時間は
ほんのほんのわずか、でした。


今思うと
もったいなかったなあって
素直に思えます。


やさしい気持ちの後悔も
あるんですね〜^^





死がすぐそこにやってきているのなら。


死なないで!とすがったり
がんばって闘ったり
様々な選択肢があって
どれもとても尊いものです。


私は今回。


「だいじょうぶよ」と
笑顔で旅支度につきあってあげる


そんな選択肢もあるということを
知ることができました。




いつか。


ぽてが、この世の旅を終える時は。


目の前のぽての存在を。


残り少ない命の灯火でさえも。


「うれしい」


「ありがたい」


って
ニコニコしててあげたいなと思っています^^




まあ、その時になったら
また同じようなしんどい背負い方をするかもだけど。笑


すっごくありえるんだけど。笑





でもでも。


今は。


「もっと目の前のことを慈しめばよかった」


ってやさしい思いで振り返ることができるから。


もじゃがそれを教えてくれたから。


いつの日か訪れる別れの準備の時は。


その選択肢を
きっと思い出そうと思うのです。




そして。


もじゃが私にそうしてくれたように。


大丈夫よ
何も心配要らないよ

とニコニコしながら
伝え続けてあげたいのです。



--

関連記事

* もじゃが教えてくれたこと

悪い事はひとつも起きてないよ

ごめんね、上手にできなくて

--




〜 お願いがありまーす 〜


↓ 応援クリックしてもらえたらうれしいな♪



↓ こちらもよろしくね!




いつも来てくれてありがとう!
クリックもありがとう!!
更新の励みになってるよー♪(*^^*)




----



〜 mifoccoの本家ブログはこちら 〜


こころとからだが
ふうわりゆるむ癒しのブログです。

やさしい なみだ


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-



<< 前の記事 | 次の記事 >>




テーマ:スピリチュアルカウンセリング - ジャンル:心と身体

  1. 別れの心得
  2. | trackback:0
変わっていくあなたを受け入れることができるだろうか :: 2017/12/08(Fri)

[frame08010095]c0146251_17565162
Photo by hiyoko



-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-


*初めての方はまずこちらをお読みください*

はじめまして


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-





去年の12月。


もじゃの体調が急に悪くなりました。


同時に、余命を知らされました。


「慢性腎不全の末期です。
この数値だと、あと一週間くらいです。
ですが、まれに、数ヶ月生きる子もいます」


そんな…!


少しやせたとはいえ、
まだまだふっくらさんで
しゃきしゃき歩き回れているのに。


もじゃがもうすぐ死ぬだなんて…!!







調べてみると、
やはり、もじゃと同様の容態だと
1週間前後で亡くなってしまう子がほとんどでした。


でも、多くはないけど
何ヶ月も生きた子もいました。


数ヶ月がんばった子たちは。


ガリガリにやせ細り
嘔吐や吐血を繰り返し
最後の方は寝たきりになり
意識障害や痙攣も起きて
見るに耐えない最期だとありました。。。




あっという間に別れるのもイヤだけど
そんな過酷な亡くなり方もイヤだ…




私は、変わっていくもじゃを
受け入れられるか不安でした。


これから起こることに
耐えられる自信がありませんでした。


いつもダーリンに
「怖いよ。私、受け入れられるかな。。。」
と聞いてばかりいました。


ダーリンはそのたびに
「大丈夫だよ。もじゃだよ?
どんなもじゃも、かわいいよ〜^^」
と、やさしく笑って勇気づけてくれました。





私は、こんなにも大切なもじゃなのに。


この先、やせひっこけて。


バッサバサの別人になって。


排泄物やなんかで汚く臭くなって。


そうなったら。


果たして大切に思えるのだろうか…?と
不安でした。




苦しむ様子を。


気の毒で、かわいそうで、
見ていられないかもしれない。


つら過ぎて、なにもかもが
重荷だと思ってしまうかもしれない。


そんな自分を見たくない。。。


私は。


別れが悲しくて怖いだけでなく、
「受け入れられない」「逃げたい」と考える冷たい自分に、
がっかりすることも怖かったのです。







もしあなたが今
あの頃の私と同じような状況に置かれていて、
同じようにいたずらに怯えているとしたら。


あなたはきっと
とてもとても繊細で
やさしい心の持ち主なんですね^^


やさしくできないかもしれない自分がイヤだ!なんて
やさしい人ならではの発想だもの。


やさしくない人は、そんな風に悩まないものでしょ?(^^)b


そして、私と同じように
心深くに、ある思い込みもあるのかもしれません。







私の心の奥底には
「私には価値がない」という思い込みがあります。


仕事柄十分そこを癒してきたつもりですが、
まだまだ癒しきれていない痛みが残っています。




こういった思い込みは、
幼少時代の環境によって生まれます。


そして、
「そう思い込むことで生きていける」という
生存方法にもなっています。


今の自分の性格は
その思い込みを元にできているため、
本来の自分の性質とは異なる場合が多いです。





私は「私には価値がない」という思い込みから。


幼い頃から
愛されるべく、認められるべく、受け入れられるべく

「明るくて、元気で、やさしくて、できる子」

として生きてきました。




だから。


自分から
「明るくて、元気で、やさしくて、できる子」といった
すばらしさがなくなるということは。


つまり。


「暗くて、元気がなくて、やさしくない、できない」
私になるということは。


がっかりされる

もう愛してもらえない

見捨てられるにちがいない


そういった恐れに直結するのです。





ずっとそうやって
「すばらしい自分」を演じて生きてきたから。


そのためには
「すばらしくない部分」はあってはいけなくて。


一生がんばり続けなくてはいけないと
無意識で信じていたから、
私はいつもどこか緊張していました。




だから、その恐れのシナリオ通り。


私という人間には。


どんなに変わろうとも
変わらず愛されるという
根拠も、自信も、安心もなかったから。


私がそうなったら
ひどく扱われるかもしれないと
怯えていたからこそ。


「元気じゃないもじゃ」を
受け入れられないかもと
怯えていたのです。


…ということが、
今はよく分かります(^-^)


私の魂は、
この出来事を通して。
もじゃを通して。


そのまちがった思い込みから
自分を救い出そうともしていたのです^^







もじゃは。


宣告された時間よりも
7ヶ月も長生きしてくれました^^


恐れていた通り、
ガリガリの、バサバサの、ヨタヨタの
おばあさんのようなもじゃになってしまいました。


コロンコロンして、愛くるしくて、
元気はつらつ、おてんばさんじゃなくなりました。


その上、お口もくちゃいくちゃいになって(^m^)


もじゃの周りは
ぷーんと悪臭がするようにもなってしまいました。
(尿毒症によるもの)





けれど。


私は、予想に反して。


もじゃのことが
それまでと同じように。


それまで以上に。


かわいくて愛しくてたまらなかったのです^^




においに敏感で
潔癖性気味な私が。


毎日もじゃと添い寝して、
幸せいっぱいでした。


「お口くちゃいね!いいにおい!もじゃのにおい大好きよ♡」って
頬ずりとキスをたくさんしました。


しょっちゅうもじゃのおなかに顔を埋めて
スーハースーハーと
もじゃくちゃいを堪能しました。笑


出せない便を
指で引っ張るのだって。


ゲロを手で受け止めるのだって、
全然イヤじゃなかった。


むしろ、うれしかったのです^^


私にも、
こんなお母さんのようなことができるんだ、って。


上手な愛し方が分からない私でも。


すばらしくないと愛されないと信じてきた
素の自分に自信のない私でも。


安心して生きてこなかった私でも。


こんなにもこんなにも
だれかのことを愛せるんだなあって^^





不思議なことに、
根深く残っていたはずの
「私には価値がない」という思い込みも。


もじゃを心から愛おしみ
必死で守ろうとした7ヶ月を経て。


できないなりにもがんばったこと。


だれかを懸命に愛したことで。


無意識に隠れていた苦しい思い込みが解けて、
「私は生きているだけで感謝される」
という思い込みに変わりました^^




私ももじゃと同じように、
どんな私であっても
イヤな所を見せても
どんなに変わり果てようとも。


いつもよろこばれて
ちゃんと愛されて
ずっと守ってもらえると
この世界を信頼できるようになりました^^


きっとなにも心配いらないと
心がとても凪いでいます。







当時は、ほんと
なにもかもが怖かった。


でも。


私にも、できたよ^^


ただただ流されるように
時間を積み重ねただけにちがいないけど。


振り返ると、
ちゃんとできてた…ってしみじみしています。


上手ではなかったけど。


ダメなところもいっぱいだったけど。


それでも私は、よくがんばった。


ほんとよくがんばった。







今、困難の最中のあなたへ。


大切な人を思い、葛藤し、苦しみ、恐れ、、、
それでもやりつづけるあなたは。


この先、必ず、
自分のすばらしさに感動する日がやってきます。


達成感を超えた
深い癒しと成長が
あなたを満たす日が、いつか、必ず^^









〜 ぜひ合わせて読んでね! 〜


* 苦しさの理由について

困難が人一倍苦しいのは


* 感受性が強いと、苦しさの度合いが増します

感受性の明と暗


* これから安心して生きるために

親バカっていいな
過去に叶わなかった思いを今に活かす生き方


* しんどい時には忘れがちなこと

すでに幸せだった


* 「どんな自分でも愛されるんだよ」守護霊の視点から

いい子でいたら願いがかなう…?


* 思い込みがなくなる魔法

ほんとうの好き


* 自分のどんな所が好きですか?

だから好き。そうでなくても好き。




〜 応援クリックもよろしくね♪ 〜

下の青いバナーを
それぞれクリックしてもらえたらうれしいです♪
更新の励みになります(*^^*)




----



〜 mifoccoの本家ブログはこちら 〜


こころとからだが
ふうわりゆるむ癒しのブログです。

やさしい なみだ


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-



<< 前の記事 | 次の記事 >>





テーマ:スピリチュアルカウンセリング - ジャンル:心と身体

  1. 怖さの理由
  2. | trackback:0
天国の愛する人をもっともっとよろこばせたい :: 2017/12/01(Fri)

[frame30235907]c0146251_13444883
Photo by hiyoko



-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-


*初めての方はまずこちらをお読みください*

はじめまして


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-





つい先日、
もじゃの段ボール箱を片付けました♪


やっと!!だよ(^m^)

 
↓この時は、さんざん無理!って言ってたのにねー。笑

遺品の整理への思い





でもねでもね、一個だけ残しました。


もじゃが息を引き取った時に入っていた箱は
まだ大事に取っておくつもりです^^


もはや家宝です!笑





「いいかげん片付けなきゃ…」って思ってたわけでも
「よし!片付けるぞ!」と
気合いを入れたわけでもないんだけど。


なんというか、とても自然に
「もういいかな」って思えたんですよね^^


その日、可愛らしいエピソードがあって
それにも背中を押された感じでした♪





最後にもう一度だけ。


箱の底面に残ったシミをなでて、
笑顔と涙と鼻水ずっびずびで、笑
段ボールをたたみました。




このシミは、
もじゃのがんばった証なのです^^


脱水がひどくて排便ができなかったため、
毎晩補水をかねて
生理食塩水の浣腸をしていました。


その時に、すべりを良くするために
オリーブオイルをおしりに塗って、
そのオイルのシミが段ボールに付くのです。


浣腸後はいつも段ボール箱にこもって
休憩しながら、むすくれてたなあ。笑
かわいかったなー♡





ほんのちょっぴり
まだ取っておきたいな…
って気持ちもあったけど。


もしかすると、
のちのち「捨てなきゃ良かった!」って
後悔するかもしれないけど。


最後の切ない思い出よりも、
それまで一緒に過ごした楽しかったあれこれを
代わりに思い出せばいい^^


そう思えたのと。


もし、捨てなきゃ良かった!って思うことがあっても。


自分を責めないで、

「ね。大好きだから、ぜんぶ取っておきたかったね。
でも、もじゃの思い出は他にもたくさんあるからよかったね♡」

って、やさしく慰めてあげればいい♪


だからもう、大丈夫。
これは捨てても、大丈夫。


こんな風に思えたんですよね〜。


不思議な安心感とともに^^





たとえ思い出の品が
なにひとつ残らなかったとしても。


もじゃを心から愛して笑い合った幸せな日々が
確かにたくさんたくさんあって。


そうやって
宝物をいくつも持っていることにスポットを当てると、
その真実に安らぎを感じられるから。


もう未来の不安に備えるのではなく。


「どんな時でも大丈夫って言ってあげるよ」と
自分を応援しつづけることと。


「なんて素敵な思い出!ありがとう!」と
よろこびほほえむことを、
選んでいきたいなと思うのです^^





きっとね。


まだまだくよくよすることもあると思う(^m^)


その時はまた、
葛藤して、励まして、
今のこの境地にたどり着くことだろうから。


自分を信じて
すべてを信じて
安心して手放すことができました。


もじゃの生きた証と共に、

「忘れたくない…」とか
「冷たい飼い主?」とか
「ないと困るかも?」とか

そういった不安な気持ちも
手放しました^^





だいじょうぶ。


私はいつでも
自分を責めない選択ができるから。


いつだって
幸せな視点を選択できるから。





もじゃもきっとうれしいはず^^


「かなしいなもいいけど
うれしいなのほうがたのしいね」って。


私は、天国のもじゃを
もっともっとよろこばせてあげたいのです(*^^*)









〜 ぜひこちらも読んでみてね! 〜

心のブレーキが外れる時





※ランキングの応援クリックに、ご協力をお願いします♪


下の青いバナーを
それぞれクリックしてもらえたらうれしいです♪
更新の励みになります(*^^*)





----



〜 mifoccoの本家ブログはこちら 〜


こころとからだが
ふうわりゆるむ癒しのブログです。

やさしい なみだ


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-



<< 前の記事 | 次の記事 >>



テーマ:スピリチュアルカウンセリング - ジャンル:心と身体

  1. 遺品
  2. | trackback:0