別れのじかん

死のおそれから 心をそっと抱きしめるブログ



遺体が怖い :: 2017/08/30(Wed)

[frame30174193]c0146251_2214994
Photo by hiyoko



-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-


*初めての方はまずこちらをお読みください*

はじめまして


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-





早朝、もじゃが息を引き取った後。


ダーリンは仕事へとでかけました。


「とりあえず現場に行って、すぐ戻ってくるから。
大丈夫かな?」


「うん、大丈夫。。。。
でも、できるだけ早く帰ってきてね(T T)」


と見送りました。





カゴに寝かせたもじゃは。


さっきまであたたかくて
やわやわだったのに。


どんどん冷たく固くなっていって。


私は、急に怖くなってしまいました。


ぽてはいるけど、
ひとりぽっちな気がして、、、、


ダーリンが出かけて
まだ20分ほどしか経ってないのに
「もう帰ってくる?」
って電話をかけました。笑





じつは、私は、遺体が怖いのです。


魂が抜けたらもう別物のようで
不安でいっぱいになるのです。


こんなにも愛しているのに。


魂があるかないかの違いしかなくて
愛した姿そのままなのに。


私は、怖く感じてしまうのです。




そんな私は。


多くの人が
大切な存在の遺体を
「生前と変わらず愛おしい」
と言うのを聞くたびに。


自分は冷たいのかな?
と思ってきたものです。




私は、母の遺体も怖かったです。


お母さんだけど、お母さんじゃない!って
頭がとても混乱しました。


でも、怖いなんて、
決して口には出せませんでした。




父はというと、、、、


もうだいぶ忘れちゃったけど、笑
やはり怖かったはず。


あんまり見れなかったから。





でも、きっと。


もじゃは違うと思っていたのです。


もじゃは、私たちの子供で、
どんな姿でも大切に思えるはず。




そう思っていたのだけれど。


ひとりで部屋に残された時。


とても心細くて、
怖さがせり上がってきて。




私って、
わが子の姿も愛せないの?


もう、もじゃじゃないって
思ってるってこと?


ひどいなぁ、
私は、愛が足りないのかな…?


と、がっかりしてしまいました。





その後も、怖くなるたびに
ダーリンに電話せずにはいられなくて。


20〜30分おきにかけては(みじかっ!笑)

「まだ?」

「あと何分で帰ってくる?」

と、すがりまくりでした^^




ダーリンはその度に、

「すぐ終わらせて帰るからね」

「もう少しだから、がんばって」

と、根気づよく付き合ってくれました。


ようやく戻ってきてくれた時には
心底ほっとしましたねえ^^






ダーリンは、
帰るとすぐに、もじゃの傍らに座り
もじゃを、やさしくやさしくなでました。


私は、ダーリンに隠れるようにして
もじゃを見つめ。


おそるおそる
なでることはできましたが。


もうその頃には
もじゃはすっかり固くなっていたので。


ダーリンにしがみついて
怖い!イヤだ!もじゃじゃない!と
泣きじゃくってしまいました。





それから、しばらくして、
訃報を送った友達が
仕事をサボってかけつけてくれて。


彼女は、家にあがるやいなや、
もじゃをたくたんたくさんなでながら


「もじゃ、えらかった。がんばったね!」って
まるで、もじゃが生きているかのように
話しかけてくれました。


「自分の子でもないのに、怖くないのかな?」と
内心不思議に思いつつ。


私も、友達の横に座って
一緒になってもじゃをなでてみると。


涙が、後から後からこぼれ落ちてきて。


ありがとう^^楽しかったね^^
もじゃのおかげでほんと幸せだったよ^^


って言葉が、自然とあふれてきて。


いつもと同じように
なでてあげられるようになっていました。




もじゃに、無心で話しかけ
なでなでなでなでしていると。


すう…っと
怖さが消えていくのを感じました。


そして、入れ替わるようにして
穏やかさが心を満たしていきました。







遺体に対して、
愛しく思うのも
怖いと思うのも
他の気持ちを抱くのも。


また、遺体に限らず、
物事に対しての気持ちには、
人の数だけ価値観があるから
感じ方だって色々あるものです。


そこには、
これが正しいとか
それは間違ってるとか
本来はありません。




でも。




私はこう思う。


人とはちがう。


ただそれだけでいいのに。


そう思った自分を
そんな自分の人間性を
「自分自身が疑ってしまうこと」が
きっと苦しみを生むのでしょう。




私は、人とはちがうことを、
あるいは、世間の常識や理想とちがうことを。


「自分はまちがいを犯しているのだ」と
無意識に自分を裁き、
人や常識や理想に合わせようとして
長いこと生きてきたのです。





今では、
物事に対する自分の気持ちを。


他と違うからと自分を否定し、
その感情にバツをつけることなく。


人とは異なるけど
「私はこう思うんだ」って心に対して、
「そっか^^」って理解してあげたなら。


心は平和でいられる事を知っています。


それでも、今回のように
懲りずにくり返すことも多々あります(^m^)




自分の気持ちを
いつも肯定して応援してあげるのは
なかなかに難しいものだけれど。


それだからこそ、やはり、
挑戦しつづけたいと思うのです^^


挑戦しがいのあることだし
それだけ大事にしたい自分のことだから^^





〜 < だから遺体が怖かったんだ >に続きます 〜

次回は、遺体の怖さの理由を
違った角度から見てみますよ(^^)b





※文末に、関連記事のご紹介と、お知らせがあります※



その前に(^^)b



ランキングの応援クリックに、ご協力をお願いします♪



下の青いバナーを
それぞれクリックしてもらえたらうれしいです♪

更新の励みになります(*^^*)





-------



〜 ぜひ合わせてお読みください 〜


* いえない言葉には、自分を助けるヒントが隠れているもの

いえない言葉




〜 mifoccoの本家ブログはこちら 〜


こころとからだが
ふうわりゆるむ癒しのブログです。

やさしい なみだ


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-


<< 前の記事 | 次の記事 >>




テーマ:スピリチュアルカウンセリング - ジャンル:心と身体

  1. 怖さの理由
  2. | trackback:0
やさしい気持ちばかりではいられない :: 2017/08/22(Tue)

[frame22004477]c0146251_17382224
Photo by hiyoko



-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-


*初めての方はまずこちらをお読みください*

はじめまして


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-





大切な存在というのは。


ただいてくれるだけで、

うれしくて

あたたかくて

ありがたくて

じーんとくる。




だけど、
こんなにありがたい存在なのに。


ちょいちょい
うるさかったり

じゃまだったり

迷惑だったり

煩わしかったり

面倒だったり

イライラうんざりもさせてくれる。




時には、


すんごくムカついたり

嫌い!バカ!!
いなきゃいいのに!!!って思ったり

うるさい!って怒鳴ったり

死ね!!って毒づいたりすることも、ある^^




ほんとうは、
心から大切なはずなのに。


どういうわけか
やさしくない気持ちも
たくさんたくさん生まれてしまう。


そんな時は
自分がちょっと
いやになるんだ。





でも、これってね。


それほど大切な存在だからこそ

それほどの絆があるからこそ


ってことなのかも。




だって。


そこまでの関係じゃない
浅い付き合いであれば。


それほどまで感情が
揺れ動くことって、ないもの。


そこそこうまくやれるし、
気持ちだって
そんなに込めはしない。




ということは。


こんなにたくさんの感情を
感じさせてくれるのって。


それこそ
深い絆があるということで。


魂が望んだことなんだなあと
しみじみ思えてくる。



しあわせな心地だけじゃ
魂の世界と何ら変わらないから。


「たくさんの気持ちを味わってみたい」

「もっと、こう、魂がふるえるほどの
色んな体験をしたい!」

「あなたと一緒に、ぜひ!」

って約束して
生まれてきたんだなあ。




感情的になるのは、
この世界の
人間ならではの体験。


それを体験するには、
体験させてくれる
相手も必要になってくる^^




だから、私たちが、
大切な人に怒ったり
ひどいこといったりと
やさしくできないことも全部ぜ〜んぶ。


怒りやら、拒絶やら、
諦めやら、混乱やら
後悔やら、あれやこれや
なんやらかんやら、、、、
どれも苦しい気持ちの体験だし。



相手にとっても、

悲しいなあ…とか

なんじゃ、お前は!
この!ムカつく!!とか

怒ってらー、わー、こわこわこわこわ!とか

なんてひどい!とか

こっちこそぶっ殺す!とか

色んな感情を
体験してるんだよね^^





ご縁を持ったということは、
魂同士が同意したということ。


深いつながりであるほどに
傷つけることもあるけど、
それだけありとあらゆる感情を
体験し合あえるね!素敵ね♪
ってことなんだ^^


自分が、
さまざまな感情の起伏を
じたばたと味わっている時。


相手の魂もまた
たっっっくさんの感情を
堪能しているんだ^^





こんなに色んな気持ちになれる、
こんなにたくさんのことを
体験させてくれる相手は、
深くて固い絆だからこそ。


「魂同士の同意のもとで
お互いに体験し合えている」


そう思うと
心がふんわり軽くなって。


ありがとうって思いが
あふれてくるんだ^^






----


〜 ぜひ合わせてお読みください 〜


大切な存在にいら立ちを感じるのは

できないことに罪悪感を抱かない

根拠なく信じてみてもいいんだよ♪

表現したいもの


-------


〜 mifoccoの本家ブログはこちら 〜


こころとからだが
ふうわりゆるむ癒しのブログです。

やさしい なみだ


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

ご訪問ありがとうございます☆
来たよー♪読んだよー♪の足跡として
下のバナーをそれぞれクリックしてもらえたらうれしいです♪
更新の励みになります!!




-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-


<< 前の記事 | 次の記事 >>




テーマ:スピリチュアルカウンセリング - ジャンル:心と身体

  1. 魂の約束
  2. | trackback:0
人の心に明かりを灯す人 :: 2017/08/19(Sat)

[frame19111022]c0146251_1655558
Photo by hiyoko



-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-


*初めての方はまずこちらをお読みください*

はじめまして


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-




〜 ともぴさんからの2通目のお便りをご紹介します 〜




-------

前回のともぴさんのお便りの記事はこちらです。

どん底で真っ暗な私の心の中に少しの光を感じました

-------




みほさん、こんばんは。先日ブログの感想を送らせていただきましたともぴと申します。
私の感想をブログに載せて下さり、、
そして私へのお返事をブログ内で送って下さり本当にありがとうございました。

読んでまた大号泣してしまいました。

>ともぴさんが
>夫を亡くした方のブログを
>たくさん読んでこられたこと。

>また、私のブログも
>見つけてくださったこと。

>こういったともぴさんの行動は
>ご自身を救おうとしているのですよね。

。。という文章を読んで

そうかぁ…
必死に自分を救うことを私してたんだ、、と気づきました。
そしてそんな自分が何だかいとおしく感じました。。
主人を亡くしたけど今は元気になりましたという体験がないか、絶対元気なれるよ。大丈夫という体験を聞きたかった。

>この苦しみをどう受け止めればいいの?
>どうやったら気持ちが楽になれるの?って

本当にそんな気持ちでした。

>>これまでも夫を亡くした方のブログを検索して読んだこともあったのですが…
>>5年も10年も辛いという内容に余計に辛くなってしまい

>ここなんて、
>ちょっぴりクスッ!としてしまいました^^
>「うわぁ、そんなに長い時間辛くなくてはいけないの〜?」
>ってことでもありますよね。

そうなんです。
そんなに苦しまなきゃいけないの?と余計辛くなりました。もっと早く立ち直れないのか…とがっくりしてしまいました。

>頭で考えていることと
>本心(魂の思い)は
>結構ちがうものです。

>本心は、
>もっと早くに前を向いて
>歩き出すつもりなのでしょう。

>その「自分は自分を助けることができる!」
>って心の声をちゃんと感じてるんだなあって、
>目を細めて読みました^^

>「悲しい」「寂しい」「会いたい」は
>ず〜っとあると思います。

>ただ、ともぴさんは
>「辛い、辛すぎる…どうしてこんなことに…」
>といった苦しい気持ちだけで生きるのは
>どこか違うとも感じているのではないでしょうか?^^

これもまったくそのとおりです…

辛い、苦しい気持ちだけで生きるのは
嫌だ。幸せに生きたい…と苦しみの中にいながら強く思う自分がいました。

みほさんのブログを読ませてもらっているだけなのに…
何のために生きてるのかわからなくなりどうしようもなく辛い毎日が…
100苦しかったとしたら苦しみが50ぐらいに減っていることを感じています。

主人が亡くなってまだ4ヶ月しかたっておらず…当然悲しみや寂しさはあります。
しかし、寂しさは変わりませんが苦しみは減りました。

こんなに救われるのは、、
みほさんが魂からの視点を見て下さっているからだと思います。。

私がどんなに頑張って主人の命を救おうとしても…どんなに長生きしてほしいと願っても、、
もしかしたら少しは延命できたとしても。。
この世で過ごす時間を主人が自分で決めていたのだとしたら…

だったら…仕方ないと素直に思えるから。

だから私も救われるのだと思います。

主人が自分で決めてきたことを私も尊重したいと思いました。


>魂に戻ると
>みんなあっけらかんとしたものなので。

>悲しむというより、
>「またクヨクヨしてら〜!かわいい!!
>どんだけオレのこと好きなん?」
>ってなもの

こっちはこんなに苦しんでるのに~っ。家だってこれから探さなきゃいけないし、、ひとりで色んなこと…本当に大変なんだよ~っ。

…とちょっとした怒りと(笑)そこまで軽くなるのかと寂しさはあるものの
でも主人はそんなあっさりしてくれてるんだと思ったらとてもホッとしました。


>最後に。

>これまで十分にがんばってこられたともぴさんに
>あえて言わせていただきたい言葉があります。

>「悲しい」「寂しい」「つらい」って
>素直に表現することを

>「会いたい」って
>しんみりすることを

>お子さんたちに
>慰めてもらうことを

>自分へのダメ出しを
>やめることを

>がんばって!

>立派なお母さんにならなくていいです

>お父さんの代わりにならなくていいです

>子供のように
>泣いて
>いじけて
>できないっていって
>頼って
>助けてもらうことを

>がんばれ!!!^^

>周りの人たちに支えられ
>愛されているともぴさんの姿を
>たくさんご主人に届けて
>安心させてあげましょう。

>さすが、ともぴ♡って
>よろこんでもらいましょう。

>大丈夫。
>ともぴさんはいつかきっと
>それができます^^

泣けて泣けて…ぐしゃぐしゃになりました。
本当にありがとうございます。

みほさんのブログを見つけて良かった。

いつか私も同じように苦しむ人の力になりたいです。どんな形かはわかりませんが…みほさんのように人の心に明かりを灯せる人になりたいと思っています。

どうしても感謝の思いを伝えたく、再度メールさせていただきました。そして長いメール申し訳ありません。

近いうちに、みほさんのセッション受けたいと思っています。その時はよろしくお願い致します。



-------



ともぴさん、返信ありがとうございます!

私もまた返事書いちゃいますよー♪(*^^*)



>そうかぁ…
>必死に自分を救うことを私してたんだ、、と気づきました。
>そしてそんな自分が何だかいとおしく感じました。。

そうなんです。
苦しみのど真ん中にいると分からないことも、
少し離れた視点からだと
見えてくるものなんですよね。

やみくもにもがいてるようで、
じつは必死に自分を救おうと
あがき、道を見出そうとしているんですもの、
そんな自分の健気さって本当にいとおしいものです。

ましてや、天国のご主人は、
ともぴさんの健気な姿に
どれほど感動されていることでしょうか^^




>辛い、苦しい気持ちだけで生きるのは
>嫌だ。幸せに生きたい…と苦しみの中にいながら強く思う自分がいました。

はい、これこそ本心ですね^^

「どんな出来事も
私を不幸にすることは出来ない

どんな出来事があろうとも
私は私を助けながら
人生を幸せな物語にしていける」

と、魂はいつも伝えています。

ともぴさんは
ちゃんと感じてるんです^^




>こっちはこんなに苦しんでるのに~っ。家だってこれから探さなきゃいけないし、、
>ひとりで色んなこと…本当に大変なんだよ~っ。

>…とちょっとした怒りと(笑)そこまで軽くなるのかと寂しさはあるものの
>でも主人はそんなあっさりしてくれてるんだと思ったらとてもホッとしました。

ふふふ…
ぷぷぷぷー^^

>…とちょっとした怒りと(笑)

↑って!なんと可愛らしい!
思わず笑っちゃった!!(^▽^)ごめーん!!

天国の旦那さんにいじけてつっこむなんて、
ともぴさんらしさ出ちゃってますよね?!笑
旦那さんも返しがいがあるってものでしょう。
きっと笑ってますね^^

実際、存在はなくて寂しいけれど、
こういうやり取りの時って
心がほかほかしますよね。

魂の交流は、
なんともじんわりあたたかいのです^^




>いつか私も同じように苦しむ人の力になりたいです。
>どんな形かはわかりませんが…みほさんのように人の心に明かりを灯せる人になりたいと思っています。

ともぴさん、もうすでに
人の心に明かりを灯せる人になっていますよ。

だってね、

>私がどんなに頑張って主人の命を救おうとしても…どんなに長生きしてほしいと願っても、、
>もしかしたら少しは延命できたとしても。。
>この世で過ごす時間を主人が自分で決めていたのだとしたら…

>だったら…仕方ないと素直に思えるから。

ここを読んで、私も号泣してしまいましたから。


>だったら…仕方ないと素直に思えるから。

私がうまく言葉にできなかったことを
こうしてともぴさんが言葉にしてくれて
私もとてもほっとしたんです。

「仕方ない」って色んな意味に取れますが、
この経験を受け止めるには
「仕方ない」以外にいい表現がみつかりませんね。

同じ経験をした方から出る言葉というのは
本当に心の奥までしみ渡りますねえ^^



私たちは、誰かの役に立つために
この悲しい経験をしたわけではないけれど。

別れの体験を通して
色んな気持ちと向き合いがんばってきたからこそ、
同じように悲しんでいる人たちの涙を拭い
やさしく背中を支えてあげることもできるのです。

これにもまた、救われるなあ…と思うのです^^



ご主人を見送って、もう5ヶ月ですね。
あっという間のような
ずいぶん経ったような、って感じでしょうか?^^

早く立ち直るつもりでも
まあ、ゆっくり時間をかけていきましょうか。

「そんなに早く立ち直って!お〜い!!」って
ご主人からズビシ(`・ω・́)ゝ と突っ込まれないように。笑

「いつの間にか、なんだかんだで乗り越えてたなあ」
って設定でいきましょう♪お互い^^



>近いうちに、みほさんのセッション受けたいと思っています。その時はよろしくお願い致します。

はい!その時はぜひ
「みほさん、よくがんばってきたね!」
ってほめてくださいね!^^

私も、心からの「がんばったね!」を
直接ともぴさんに贈れることを楽しみにしています!




ともぴさんの経験は
とてもとてもつらいものだったけれど。

ともぴさんの存在は、
私はじめ読者のみなさんにとって、
本当に心強くてありがたい
心の灯火そのものです^^

ともぴさん、ありがとう。
がんばりましょうね!一緒に!!





〜 ぜひ合わせてお読みください 〜


「いつの間にか」に続くよろこび

春の訪れ

心に明かりを灯すとき

どの道も、すべて正しい


-------


〜 mifoccoの本家ブログはこちら 〜


こころとからだが
ふうわりゆるむ癒しのブログです。

やさしい なみだ


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

ご訪問ありがとうございます☆
来たよー♪読んだよー♪の足跡として
下のバナーをそれぞれクリックしてもらえたらうれしいです♪
更新の励みになります!!




-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-


<< 前の記事 | 次の記事 >>




テーマ:スピリチュアルカウンセリング - ジャンル:心と身体

  1. ブログのご感想
  2. | trackback:0
次のページ