別れのじかん

死のおそれから 心をそっと抱きしめるブログ



どん底で真っ暗な私の心の中に少しの光を感じました :: 2017/07/18(Tue)

[frame18175708]c0146251_19274990
Photo by hiyoko



*初めての方はまずこちらをお読みください*

はじめまして


----



〜 ともぴさんからのお便り 〜



はじめまして。どうしてもこの気持ちをお伝えしたくメールさせていただきました。

私は3月末に病気で夫を亡くしました。まだ47歳。私と2人の息子を残し天国へと旅立ってしまいました…。
毎日毎日悲しく辛く、人生最大の苦しみを味わっています…。
生きている間にもっとこうしてあげたら良かった、私がこうしてたらもっと長く生きられたのかな…とか思ってしまい。。ごめんねという罪悪感と大きな喪失感で朝が来るのが辛い毎日を送っていました。
どうしようもできないこの気持ち…。買い物行って家族連れやおじいちゃんおばあちゃんを見るのも胸が張り裂けそうになるし。。テレビを着けても楽しくない…夫婦喧嘩さえ今はうらやましい。
そんな時、こちらのブログにたどり着きました。
ブログを読んで涙が止まりませんでした。何回も何回も読み返しました。

これまでも夫を亡くした方のブログを検索して読んだこともあったのですが…5年も10年も辛いという内容に余計に辛くなってしまい(もちろんその方が悪い訳ではありません)もうブログ読むのはやめようと思っていました。。
しかし今の私に必要で…初めて心が楽になるブログにたどり着くことができました。

>もし、大切なパートナーや、
>子供、家族、友だち、ペットを失ったら

>残される痛みの体験を
>代わってあげられてよかった

>旅立った後の色んな大変なことを
>私がしてあげられてよかった

>別れが苦しいほどの
>幸せな時間を持てたことは、
>まぎれもないよろこびだから

>これから会えなくなるのは
>とてもとても切ないけれど

>大切な大切なあなたを

>先にあたたかな天国に
>送ってあげられたことは、
>私からの最高の贈り物なのかもしれない

どん底で真っ暗な私の心の中に少しの光を感じました。

そうか、、残される痛みの体験を代わってあげられたんだ。
先に天国に送ってあげられたことは私からの最高の贈り物なのかもしれない………
私の中の罪悪感が小さくなるのを感じました。。
本当は逆が良かった。。まだまだ一緒に過ごしたかったのは正直な気持ちですが、、
しかし別れが苦しいほどの幸せな時間を持てたことは本当にまぎれもない喜びだったと素直にそう感じました。。
心が癒えるのには時間はかかるかもしれませんが…長生きしたからいい訳ではなく(もちろん長生きすることも幸せですが)大切な人と短くとも幸せな時を過ごせたことはなりよりの喜びですよね。。
きっと私のように苦しんでいらっしゃる方はたくさんおられると思います。。
海老蔵さんのお気持ちも痛いほどわかります。

経験した人にしかわからない苦しみがあります。
夫の温もりを現実に感じたい…会いたい。。そう思う気持ちは毎日あります。しかし命あるのに自分を生きてない今の私を見たら夫は悲しむだろうな。。
頑張ってじゃなくこちらの世界を思いっきり楽しんでと夫は言っているような気がします。
私達の心に明かりを灯して下さるブログを本当にありがとうございます。
少しずつでも前を向いて進みたいと思っております。
長くなりましたが感謝のメールを送らせていただきました。
ありがとうございました。



----





ともぴさん、お便り第一号です!
ありがとうございます^^




ともぴさんに
一体どんな言葉をかけたらいいのか・・・・。


看病切なかっただろうなあ…とか
寂しいだろうなあ…とか
色んな思いが溢れますが、
どれもうまく言葉になりません。




今私ができることは、

よくがんばってきましたね
ご主人に会いたいですね

と、腕をさすってあげながら
ねぎらうことくらいです。






さて、ここからは
「魂の視点」で
返信をさせていただきますね^^


ともぴさんが
夫を亡くした方のブログを
たくさん読んでこられたこと。


また、私のブログも
見つけてくださったこと。


こういったともぴさんの行動は
ご自身を救おうとしているのですよね。


この苦しみをどう受け止めればいいの?
どうやったら気持ちが楽になれるの?って
探しているということですもの。


だから、
「えらいね、いいこいいこ〜^^」
と思いながら
読ませていただきました^^




>これまでも夫を亡くした方のブログを検索して読んだこともあったのですが…5年も10年も辛いという内容に余計に辛くなってしまい


ここなんて、
ちょっぴりクスッ!としてしまいました^^


「うわぁ、そんなに長い時間辛くなくてはいけないの〜?」
ってことでもありますよね(^^)b


頭で考えていることと
本心(魂の思い)は
結構ちがうものです。


本心は、
もっと早くに前を向いて
歩き出すつもりなのでしょう。


その「自分は自分を助けることができる!」
って心の声をちゃんと感じてるんだなあって、
目を細めて読みました^^




「悲しい」「寂しい」「会いたい」は
ず〜っとあると思います。


ただ、ともぴさんは
「辛い、辛すぎる…どうしてこんなことに…」
といった苦しい気持ちだけで生きるのは
どこか違うとも感じているのではないでしょうか?^^


辛い状態が
人より短くても、長くても。


ご主人が大好きで大切だという真実は
まったく揺るぎません。


早く元気になっても
ちっとも薄情じゃないし、
いつまでも悲しみの淵に沈んでいても
それはそれでありですよね^^





>しかし命あるのに自分を生きてない今の私を見たら夫は悲しむだろうな。。


魂に戻ると
みんなあっけらかんとしたものなので。


悲しむというより、
「またクヨクヨしてら〜!かわいい!!
どんだけオレのこと好きなん?」
ってなものだと思います^^


健気なわが子を見守るような
目線になるんですよ(^^)b





>頑張ってじゃなくこちらの世界を思いっきり楽しんでと夫は言っているような気がします。


ね♪ともぴさんは
ちゃんと分かっていますよね。
ご主人の言っていることが。


奇跡のご縁で再会を果たし
絆を深め合った魂同士ですもの。


ちゃんと深いところで
理解し合っているのです。


「〜のような気がする」
って感じ方で正解です!
もっともっと自分の感覚を
信じてあげてくださいね(^^)b





最後に。


これまで十分にがんばってこられたともぴさんに
あえて言わせていただきたい言葉があります。


「悲しい」「寂しい」「つらい」って
素直に表現することを


「会いたい」って
しんみりすることを


お子さんたちに
慰めてもらうことを


自分へのダメ出しを
やめることを


がんばって!





立派なお母さんにならなくていいです


お父さんの代わりにならなくていいです


子供のように
泣いて
いじけて
できないっていって
頼って
助けてもらうことを


がんばれ!!!^^


周りの人たちに支えられ
愛されているともぴさんの姿を
たくさんご主人に届けて
安心させてあげましょう。


さすが、ともぴ♡って
よろこんでもらいましょう。


大丈夫。
ともぴさんはいつかきっと
それができます^^





ともぴさんと。


そして、同じような体験をして
がんばっているみなさんに。


みなさんの魂の計画を
心から信頼して。


『がんばって!!!』を贈ります^^





----


〜 本家ブログより関連の記事を集めました 〜



* お便りで引用していただいた原文はこちら

天国への贈り物


* いつの間にか乗り越えているものなんですね

心に明かりを灯すとき


* 心の痛みは、いつかきっと…

痛みがやさしさに変わる


* 生前より身近に感じられるようになるんだなあ…

それだけでありがたい


* あたたがいがこんなにうれしいなんて

愛しいぬくもり


-------


〜 mifoccoの本家ブログはこちら 〜


こころとからだが
ふうわりゆるむ癒しのブログです。

やさしい なみだ


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

ランキングに参加しています☆
下のバナーをそれぞれクリックしてもらえたらうれしいです♪
更新の励みになります!!








<< 前の記事 | 次の記事 >>




テーマ:スピリチュアルカウンセリング - ジャンル:心と身体

  1. ブログのご感想
  2. | trackback:0
ごめんね、上手にできなくて :: 2017/07/14(Fri)

[frame13210201]c0146251_22431095
Photo by hiyoko



*初めての方はまずこちらをお読みください*

はじめまして


----




もじゃが亡くなるひと月程前、
私の中の「罪悪感の質」が変わりました。


罪悪感や自責の念は
ひとりひとりに様々な背景や理由があって、
追々記事にしていきますが。


今回は、私の「ごめんね」の質が
変わったお話をしたいと思います。







私にとって
介護中の罪悪感の最たるものは
「強制給餌」でした。


吐き気があって食べられないわが子に
栄養を摂らせるために
無理矢理シリンジで食べさせるのです。


もじゃの場合は、
栄養を摂っても治るわけではなく
延命でしかなかったため。


その過酷さと、
飼い主のエゴでは?という思いとで、
いつも謝りながら、泣きながら、
あげていました。


罪悪感の質が変わったのには
色んな理由がありますが、
一番は、その頃はもうずいぶんと
やがて訪れる別れを
受け入れられるようになっていたからだと思います。





強制給餌では、もじゃはいつも、
エサを口にため込んで
よだれとともに舌で押し出し
首をブンブン振って片っ端からまき散らす有様で。笑


私は、
がんばれがんばれ!や
上手上手!!と励ますことよりも。


ちっとも上手にできない!
なんでちゃんと食べないの!
お願い食べて!!
食べなきゃ死ぬんだよ!!と
泣いたり怒ったりすることが多かったです。


というか、
もうほとんどがそうでした(^^;)


苦しいのに、嫌がってるのに、
無理強いをしている自分を責めて。


わずかながらでも食べているのに、
食べられたことをよろこぶよりも、
摂取量の少なさがもたらす
結果ばかりを恐れて。


助けてあげられない
代わってあげられない
こんな目に合わせてしまった、、、と
自分が情けなくて、憎らしくて。。。





でも、最期の頃は
こんな風にいえるようになっていました。


「ごめんねー、上手に食べさせてあげられなくて^^」


って、笑顔で軽やかに♪




そういうと、もじゃは、
ぱあっと明るい表情をして、
こう答えるのです。


「ごめんねー、じょうずにたべられなくって^^」って。


もじゃにはちっとも罪悪感はなく
私のマネして「ごめんねー」
なあんていってるのですが^^


この頃やっと気がついたのです。


もじゃが悲痛な心境で、
「ごめんね、じょうずにたべられなくて、、、」
「ごめんね、びょうきになんかなってしまって、、、」
なんていったら。


とっても悲しいなあって。。。。




だから、私は(内心はとっても必死なんだけど)
悲壮感を漂わせていうのは
やめてあげようと思ったわけです。


mifocco「ごめんねー、上手に食べさせてあげられなくて^^」


もじゃ「ごめんねー、じょうずにたべられなくて^^」


mifocco「いいよー。イヤなことしてるの、許してくれる?^^」


もじゃ「うん、イヤだけど、いいよー。
みほも、イヤイヤするの、ゆるしてくれる?^^」


mifocco「うん、もちろん!
イヤイヤも、上手にできないのも許すよ^^
私たち、全然完璧にできないね!^^」


もじゃ「うん、わたしたち、ぜんぜんかんぺきにできないね!^^」


mifocco「私たち、全然完璧にできないけど、
自分の出来ることを精一杯やってるんだもん。
えらいよね?素敵だよね?^^」


もじゃ「うん、かんぺきじゃなくても、えらくてすてきなの^^」


mifocco「お互いできることをがんばればいいね^^」


もじゃ「うん、もじゃさんは、できることをやってるよ^^」


mifocco「もじゃは、できることを、ちゃんとやれてるもんね^^
もじゃのできることは、これから減ってくけど
気にしないでいいよ。
ぜ〜んぶ花マルだから、ね?^^」


もじゃ「うん。もじゃさんも、ぜ〜んぶはなまる^^
みほも、ぜ〜〜〜んぶはなまる、ね?^^」







私たちが罪悪感や自責の念を持つのは、
「許されたい」思いが根底にあるから。


「こんな自分のことを許さないって
意固地になるのをやめたい」
というのが本音です。




実際、相手からは
とっくに許してもらえているのに。


許すも許さないも
そんなの関係なしに
まるごと愛されているのに。


あなたが許してくれても
まるごと愛してくれても
私が自分を裁きつづけるの!

ってやってるだけなんですよね^^



自分「ごめんね…(ぷ〜んと悲壮感)」

相手「いいよ。気にしないで(にっこりと許容)」

自分「いや、でも、○○だってできてないし、△△だって、、、、
(心を閉ざして、罪探しに突進!)」

無意識にこんなやり取りをしているものです。


相手にとっては、
ありゃぁ、困ったなあ、、、
どうしたらいいかなぁ?、、、、
って感じでしょうね^^





これからは、
同じ謝るのなら、
『許される前提』で
謝ってみませんか?^^


「ごめんね、完璧にできなくて。許してくれる?」
「ごめんね、上手にできなくて。許してくれる?」

って。


そうしたら、
相手のやさしさを、
素直に、えへへ…って照れながら
「許してくれてありがとう」って
ちゃんと受け取ってあげましょうね^^


大切な相手が
受け入れてくれているってことを、
勇気を出して信じてみましょう^^


お互いがやさしい気持ちになれるのだから。





苦しい思いをぐるぐるするのも
悪いことではないけれど。


にっこりほっこりに変えることを
選ぶことだってできるのです。




私たちの時間には
限りがあるのだから。


できるだけ
にっこりし合える時間にしたいもの^^


それでもうまくできないことも
きっとたくさんあります。


そしたら、またトライすればいい(^^)b




そして、お別れした後でも。


心を閉ざしていたのでは
天国のやさしさを感じられないから。


「ごめんね、上手にできなくて。許してくれる?」


「ありがとう。うれしい」


「やっぱりあなたが大好き」


って伝えましょう。




そうやって心を開く時。


あたたかな感覚が心いっぱいに広がって
愛する存在を
とても身近に感じることができることでしょう。





----



〜 本家ブログより関連の記事を集めました 〜


* 今日のお話は、ハワイの癒しの言葉にとてもよく似ています

ごめんなさい・許してください・ありがとうございます・愛しています



* 罪悪感を取り上げた記事をどっさり!笑


できないことに罪悪感を抱かない

相手のことばにざわざわするのは

人に頼れない心

大切な存在にいら立ちを感じるのは

いい子でいたら願いがかなう…?

恐れからの卒業

謝ってもらえないと気がすまない理由


-------


〜 mifoccoの本家ブログはこちら 〜


こころとからだが
ふうわりゆるむ癒しのブログです。

やさしい なみだ


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

ランキングに参加しています☆
下のバナーをそれぞれクリックしてもらえたらうれしいです♪
更新の励みになります!!








<< 前の記事 | 次の記事 >>




テーマ:スピリチュアルカウンセリング - ジャンル:心と身体

  1. 罪悪感
  2. | trackback:0
魂の計画をすべて尊重してあげたいんだ :: 2017/07/09(Sun)

[frame09145102]c0146251_19564526_2
Photo by hiyoko



*初めての方はまずこちらをお読みください*

はじめまして


----





魂は、人生の計画を立てて生まれてきます。


「生きる」というのは
「旅行」と同じ感覚です。


100年とかの超ロングステイも。
(長生き)


日帰りとか、
2泊3日とかの弾丸旅行も。
(短命)


目的地に着く前にUターンするのも。
(生まれる前に亡くなってしまう等)


同じように素敵な旅です。


魂からすると
旅程に優劣はなく
どれもが恋い焦がれたもの。


旅先での過ごし方も、
のんびりも、ハードも、
寂しいも、にぎやかも、
どの計画もワクワクでしかありません。







ところが、生まれてしまうと、
魂の記憶は
きれいさっぱり忘れてしまいます。


忘れることで
旅を存分に楽しめるからです。


もし、旅の期限や、終わり方を知っていたら、
それに合わせて
怯えて暮らすことになりかねません。


未来ばかりを気にして
「今」と「目の前にあるもの」を
じっくり味わうことを、
疎かにしてしまうことでしょう。


それでは、旅を楽しめないというもの。


だから、忘れておいて、
あらゆる未知の冒険を
楽しむようにしているのです。


肉体があるからこそ
「体験できる」ということが叶います。


旅の計画における「体験のすべて」が
「魂の望んだこと」なのです。







けれど。


魂の旅を、
肉体目線で見ると
解釈ががらっと変わってきます。


旅の終わり=死であるわけですから
ショッキングなものとなり


短い旅はかわいそう・・・・

苦しい思いをしてなんて不憫な・・・・

志半ばでさぞや無念だろう・・・・


となってきます。


大切な存在だったら
なおのことです。


でも、
これはこれでありなのです。


これも魂の体験したかった
「感情というもの」なのだから^^







肉体目線では、ついつい、


なんでそんな短い旅にしたの


なんでそんな過酷なことを選んだの


なんでもっと早く気づいてあげられなかったのか


助けてあげられなくてごめんね


などと思ってしまいます。





そんな時でも。


魂は計画通りの旅を満喫している
という真実を知っているから。


「なんでもっと、、、、」
と泣いた後には。


「でも、あなたが決めたことだから尊重するよ」


といってあげたいなと思えるのです。





「大好きだから
もう触れ合えないのはとても悲しいよ


悲しくて、寂しくて、切ないけれど、
大切なあなたのすべてを受け入れたいもの


肯定したいもの


あなたの旅行を
気の毒でかわいそうなものにしたくはないもの


だから、あなたの計画の全てに
花マルをあげようと思うんだ」





会いたくて会いたくてたまらなくて
ひとしきり泣いたら。


心の奥から
自分の魂の旅程をそっと取り出して。


「私もこの切ない気持ちを
この愛しい愛しい魂と共に
体験したかったんだなあ」


と、自分を抱きしめるようにして
出会えたよろこびを噛みしめるのです。






-------



〜ぜひ合わせてお読みください〜


* 生まれてくる前に交わした約束のお話
別れがつらくても、それでもやっぱり会いたかった



〜mifocco本家ブログより母の死のお話を集めました〜


* 母が事故死を選んだ理由…?
人生の終え方

* 葬儀を見守る母の様子
愉快な魂

* 事故現場を訪れるのは怖かったなあ…
最期の生きた証

* 立ち直るための初めの一歩
最期に見上げた空



-------


〜 mifoccoの本家ブログはこちら 〜


こころとからだが
ふうわりゆるむ癒しのブログです。

やさしい なみだ


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

ランキングに参加しています☆
下のバナーをそれぞれクリックしてもらえたらうれしいです♪
更新の励みになります!!








<< 前の記事 | 次の記事 >>




テーマ:スピリチュアルカウンセリング - ジャンル:心と身体

  1. 魂の約束
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
前のページ 次のページ